佐用町商工会へようこそ

佐用町商工会

中小企業経営者の高齢化が進んでいますが、中小企業経営者の多くが後継者未定の状況です。
兵庫県では、事業承継を躊躇する中小企業を後押しするため、事業承継時に発生する経費を補助し、
中小企業の円滑な事業継続を支援します。

1.補助対象者
  県内の商工会・商工会議所の指導を受け、事業承継計画を策定した者のうち、以下の要件を
  満たす県内の中小企業者(小規模事業者、個人事業主)
  (1)先代経営者から後継者に平成30年4月1日から令和2年3月31日までに事業承継を行った
     事業者又は行う予定の事業者であること
  (2)原則、先代経営者が満60歳以上で後継者は先代経営者より若いこと
  (3)みなし大企業、フランチャイズ契約を締結して事業を行っている者でないこと
  (4)組合、一般社団法人、宗教法人、NPO法人、任意団体等でないこと

2.補助の概要
  事業実施のために必要な経費のうち、補助対象経費(店舗賃借料、広告宣伝等事務費、建物改修費、
  設備導入費)として適当と認めるもの(2年目、3年目については、前年度中に申請いただきます)。
  (1)補助の内容
     ア 補助対象経費:店舗賃借料、広告宣伝等事務費、建物改修費・設備導入費
     イ 補助率:2分の1
     ウ 補助限度額:1年目最大400万円
             2年目最大200万円
             3年目最大200万円
     ※店舗賃借料は第三者承継時のみ補助
  (2)事業スキーム
      商工会議所、商工会を通じて事業承継計画を策定した中小企業者へ補助

3.応募方法
  (1)募集期間
      令和元年5月13日(月曜日)~令和元年6月28日(金曜日) (当日消印有効)
  (2)申請書提出先
      事務所所在地を所管する商工会・商工会議所と事業承継計画を策定のうえ、
      申請書を当該商工会・商工会議所に提出してください。
      (所管一覧は公募要領P14)

4.お問い合せ先[土・日曜日、祝日を除く]
   兵庫県産業労働部産業振興局経営商業課経営支援班 Tel078-362-3313
   又は
  (公財)ひょうご産業活性化センター 事業承継ネットワーク事務局 Tel078-977-9123

 

◇本公募要領は、下記ホームページからダウンロードできます。
(URL)https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr07/jigyoukeizoku.html

 

 

 

 

投票数:0 平均点:0.00
前
新事業創出支援貸付金
カテゴリートップ
>施策・補助金一覧
次
H30/2次補正 持続化補助金